股ずれ総合情報

かゆみや痛みだけじゃなかった!?股ずれは肌の黒ずみの原因にも

投稿日:

股ずれと聞くと、内ももの肌がこすれて痛くなったりかゆくなったりという症状を思い浮かべますよね。
しかし股ずれは、実は肌の黒ずみというやっかいな症状を引き起こすことも少なくないのです。黒ずんでしまった内ももだと、水着やショートパンツなど履くのをためらってしまい、夏の楽しみも半減してしまいます。
ここでは股ずれで黒ずみを引き起こす原因とその改善方法について、詳しく説明しています。きちんとケアして、暑い季節には思いきりおしゃれを楽しみましょう!

股ずれの原因と主な症状とは?

まずは股ずれとはどんなものでしょうか?股ずれとは、内ももの肌がすれることが基本的な原因で起こる肌荒れのことです。

  1. すれることで肌が傷つく
  2. 肌のバリア機能が低下
  3. 外部刺激を受けやすくなる
  4. 肌荒れ(股ずれ)を起こす

加えて内ももは湿気がこもりやすく汗もかきやすいため、肌が蒸れやすくなっています。湿った肌は密着して、さらに肌のすれを引き起こして股ずれの悪化を招いてしまうのです。
また湿った状態の肌は不衛生になりやすく、股ずれの患部に雑菌が入り込み悪化することも少なくありません。

股ずれによる主な症状

股ずれの主な症状は、肌がすれて炎症を起こすことによるものです。

  • かゆみ
  • 痛み
  • 赤くなる
  • ブツブツができる

内ももは、かゆいとしてもなかなか人前でかくのはちょっと恥ずかしい部分。でも我慢しているとモジモジしてしまうし。ヒリヒリと痛いのもやはり気になってしまいます。
いずれにしても早く治したい!そんな股ずれですが、さらに肌が黒ずんでしまうこともあるなんてイヤですよね。

股ずれによって肌が黒ずんでしまう原因は?

股ずれによって肌が黒ずんでしまうのは、肌への刺激が原因です。

  1. 肌がすれて刺激される
  2. 色素細胞(メラノサイト)からメラニン色素が過剰に分泌される
  3. 過剰に分泌されたメラニン色素が肌に色素沈着する

肌は刺激を受けるとメラニン色素を生成して肌を守ろうとする仕組みがあります。歩くことなどで何百回、何千回と肌がすれてしまい、肌への大きな刺激になってしまうのです。

股ずれによる黒ずみを防ぐためには?

肌への刺激が肌の黒ずみの原因なので、防ぐためには肌へ刺激を与えないことが基本。つまり内ももの肌と肌ができるだけ触れ合わないようにすることです。
対策としてはスカートの下にスパッツやレギンスを履くことや、スカートよりもパンツを履くことをおすすめします。
またぽっちゃりさんであることも股ずれを引き起こす原因ですが、実は内ももがこすれやすい内股歩きなことが原因のことも少なくありません。歩き方もあらためて確認してみましょう。

できてしまった黒ずみはどうしたらいい?

すでに黒ずみができてしまっている場合はどうしたらいいのでしょうか?
何度も繰り返される肌のすれによって、なかな消えない黒ずみ。消したいからといって、入浴中にゴシゴシこするのは肌を刺激するだけなのでやめましょう。さらなる悪化を招くこともあります。
なかなか消えない黒ずみは、専用のクリームなどでケアすることが効果的です。また内ももをお風呂で洗う場合には、できるだけ摩擦を与えないよう優しく洗うことも大切です。

股ずれによる黒ずみにサヨナラして毎日をもっと楽しもう!

かゆかったり痛かったりするだけではなく黒ずみまで引き起こしてしまう股ずれ。旅行やプール、海などアクティブに楽しみたい季節も、股ずれのせいでためらってしまってはもったいないですよね。
「股ずれ&黒ずみケアの薬用クリームモモンヌケア」は、1本で肌の保護と黒ずみ改善の両方へアプローチしてくれるうれしいケアアイテムです。
気になる股ずれは、少しでも早くケアを始めることが改善へのいちばんの近道です。暑くなる季節をエンジョイするために今日から早速ケアを始めましょう。

-股ずれ総合情報

Copyright© 股擦れ(またずれ)原因・対処法・予防 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.