股ずれ総合情報

すぐできる!妊娠中の股ずれを上手にケアする方法

更新日:

妊娠中の股ずれ

妊娠中はマイナートラブルがつきもの。

なかでも股ずれは痛みやかゆみなどを伴った不快なトラブルのひとつで、悩んでいる妊婦さんも少なくありません。

股ずれによる肌の黒ずみに悩まされることも多いようです。

ここでは、妊娠中の股ずれについて原因と対策について詳しく説明しています。きちんとケアして、快適なマタニティライフを過ごしましょう。

妊娠すると股ずれを起こしやすい理由は?

妊娠前には股ずれと無縁であっても、妊娠してから股ずれに悩まされることが多いのはなぜでしょうか?

実は妊娠中は、股ずれを起こしやすいタイミングなのです。

1.体重が増加するから

妊娠中後期にかけてとくに体重は増加しやすくなり、ホルモンの影響もあって下半身に脂肪がつきやすくなってしまいます。

その結果、内ももの肌がすれて股ずれを起こしてしまうのです。

内ももだけでなく、脇や胸の周り、お尻に股ずれを起こしてしまう人もいます。

2.肌が荒れやすくなるから

妊娠中は肌が敏感になりやすく、肌荒れを起こしやすくなっています。弱った肌は、多少の摩擦でも荒れやすくなり股ずれの症状を引き起こしてしまいかねません。

男性ホルモンのバランスが低下するため、皮脂の分泌が抑制され乾燥しやすいことも妊娠中に肌が荒れやすくなる原因のひとつ。

また妊娠中は、優先的にお腹の赤ちゃんに栄養がまわされます。つまり妊娠すると肌にまでなかなか栄養がいかず、肌が弱ってしまいがちになるです。

おすすめ
股ずれに悩む私が気を付けたこと3つ!厳選アイテムも紹介

ご覧いただきありがとうございます! ぽっちゃり女子(身長155cm、体重75kg)のミイです。 (ぽっちゃりじゃなくデブじゃんというツッコミは無しで・・・) 私、ずっと親にも話せなかった悩みがありまし ...

続きを見る

妊娠中の股ずれ対策は?

妊娠中の股ずれはどのようにケアするのがいいのでしょうか?

股ずれとは、内ももの肌と肌がすれて起こるものです。股ずれを治す一番の方法は、太ももの脂肪を減らすこと、つまり痩せることですが、妊娠中に激しいダイエットは禁物です。かかりつけの産婦人科で相談しながら体重管理は行いましょう。

以下では、すぐにできる妊娠中の股ずれケアをご紹介します。

スパッツやレギンスなどで肌を守る

内ももの肌と肌を直接触れ合わせないために、スパッツやレギンスなどを着用するとよいでしょう。

マタニティ専用のものなど、締め付けの少ないゆとりのあるものを選ぶようにします。汗をかきやすい季節には、通気性の良い素材で作られたものを選んだり、こまめに着替えたりするようにしましょう。

クリームなどを塗って肌を守る

肌の摩擦を減らすため、保湿クリームやオイルなどを塗ることも効果的です。滑りがよくなり、肌を守ってくれます。股ずれ専用のクリームを使うとより効果が高いでしょう。

日頃の股ずれ防止であれば、オロナインなどの市販の軟膏も使えます。ただ、オロナイン特有の匂いが気になることと、デリケートゾーンに塗ることに抵抗がある方は、「スレナインという股ずれ専用の商品があります。

サラサラになって肌の摩擦を押さえるので、日頃の股ずれケアに適した商品です。

ドラッグストアや薬局には売っていませんが、楽天で販売されているので手軽に買いやすいです。

 

黒ずみケアなら、「ヴィエルホワイト」というデリケート部分にも使える美白美容液を、股ずれが気になる部分塗りこむだけで手軽にケアすることができます。



 

妊娠中は肌荒れしやすいので、できるだけ低刺激のアイテムを選ぶことも大切です。

初めて使う場合には、パッチテストをしてから使用することをおすすめします。

おすすめ
股ずれに悩む私が気を付けたこと3つ!厳選アイテムも紹介

ご覧いただきありがとうございます! ぽっちゃり女子(身長155cm、体重75kg)のミイです。 (ぽっちゃりじゃなくデブじゃんというツッコミは無しで・・・) 私、ずっと親にも話せなかった悩みがありまし ...

続きを見る

不快な股ずれの症状をおさえて快適なマタニティライフを

妊娠中は、そうでない時に比べて股ずれの症状に悩まされることが多いものです。さまざまなトラブルが起こりやすい妊娠中、ひとつでもトラブルは減らしたいですよね。

 

妊娠中は心も体もストレスになることが多いものですが、股ずれもきちんとケアして出産までの短いマタニティライフを楽しめるといいですね。

-股ずれ総合情報

Copyright© 股擦れ(またずれ)原因・対処法・予防 , 2018 All Rights Reserved.