股ずれ総合情報

股ずれの悩みレビュー(1)

更新日:

太ったら股ずれになってしまいました

何年か前のことですが、出産してからかなり太ってしまい、太ももがパンパンになってしまいました。

すると、夏になると太ももの内側がこすれて、まっ赤になってしまい、痛くて歩きたくないような状態になってしまいました。こんなことは初めてで、太るとこういう風になるんだと知って、ショックでした。

股ずれがあるということが、太っているということの証明のように思えました。

仕方なく、赤くなったところには炎症どめの薬を塗り、その場をしのいでいましたが、またすぐに赤くなってしまい、なかなか治りません。

そのため、もうこれは痩せるしかない、と思い一生懸命ダイエットにとりくんだところ、やっと股ずれを起こさないようになりました。その時は本当に嬉しかったです。

でも痩せるまでにはかなり時間がかかるので、それまではなるべく肌がくっついて蒸れやすいスカートではなく、パンツをはいたりしていました。スカートをはく時にも、ももまでカバーできるパンツをはいたりすると、少しは防ぐことができました。
根本的に治すには、やはり痩せることが1番ですが、今は股ずれ防止のクリームなどもあるようなので、痩せるまではいろんな方法で予防しながら過ごすのがいいと思います。

おすすめ
股ずれに悩む私が気を付けたこと3つ!厳選アイテムも紹介

ご覧いただきありがとうございます! ぽっちゃり女子(身長155cm、体重75kg)のミイです。 (ぽっちゃりじゃなくデブじゃんというツッコミは無しで・・・) 私、ずっと親にも話せなかった悩みがありまし ...

続きを見る

おデブさんに股ずれはつきものです!

子供の頃から太っていた私は、すでに小学生の時には股ずれで悩んでいました。
ただでさえ太っていて汗かきなのに、夏場は冷房設備もなく、熱い教室で汗だく状態。
内股にもじっとりと汗をかき、擦れてよく赤くなっていました。
肌と肌が直接擦れると、股ずれが一気に進行してしまうので、なるべく素足は避け、ズボンをはくようにするなどの対策は当たり前。
お陰でズボンは股がすれることによるダメージが大きく、いつも内股部分が破けてしまうという結果になってしまいます。
これはもう、太っている人にとっては普通なんじゃないですかね。
一度ダイエットに成功した時も、太ももだけは細くすることが出来なくて、結局ずっと股ずれで悩む状態から抜け出せていません。

太腿ってなかなか細くなってくれないんですよねぇ。

股ずれに汗は大敵で、肌と肌の摩擦が強くなってしまいますし、何より股ずれで炎症をおこした肌に、汗が染みて痛いんですよ。

この痛みはなった人にしかわからないんでしょうねぇ。

おすすめ
股ずれに悩む私が気を付けたこと3つ!厳選アイテムも紹介

ご覧いただきありがとうございます! ぽっちゃり女子(身長155cm、体重75kg)のミイです。 (ぽっちゃりじゃなくデブじゃんというツッコミは無しで・・・) 私、ずっと親にも話せなかった悩みがありまし ...

続きを見る

-股ずれ総合情報

Copyright© 股擦れ(またずれ)原因・対処法・予防 , 2018 All Rights Reserved.